注意!日焼け止めをクレンジングで落とす4つの正しい方法とは?

 

 

日焼け止めは、肌を紫外線から守ってくれるので、肌に負担をかけたくない方にとってはとても大切。

 

 

ただ、その日焼け止めをちゃんと落とせていますか?

 

 

日焼け止めを使うのはいいですが、ちゃんと落とすことができないと、肌に負担がかかってしまい、肌トラブルの原因となります。

 

 

肌荒れ、毛穴の詰まり、毛穴の黒ずみ・・・etc

 

 

だからこそ、日焼け止めはしっかり落とす必要があるんです。

 

ただ、落とし方にも注意が必要です。

 

間違った方法で行なうと、日焼け止めが残ってしまったり、落とせたとしても強くこすったりすることで肌にダメージを与えてしまうことがあります。

 

 

ですのでここでは、肌に優しくしっかり日焼け止めを落とす正しい方法について紹介します。

 

 

★日焼け止めに表示を確認しよう!

 

日焼け止めには、どのようにすれば落とせるのかが表示されています。

 

石鹸で落とせるものもあれば、クレンジングを津川にと落とせないものなどがあります。

 

ここで注意したいのが「石鹸で落とせるもの」です。

 

石鹸で落とせると表示されていても、意外に日焼け止めがしっかり落ちきっていない場合があります。

 

ですので、石鹸で落としてみて、日焼け止めが残ってしまう場合や、石鹸だと心配な方は、クレンジングを使うといいでしょう。

 

 

★できるだけ早く落とそう!

 

日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれますが、使うことで肌に負担がかかっていることも事実です。

 

ですので、できるだけ日焼け止めを付けている時間は少ない方がいいので、帰宅したらすぐ落とすようにしましょう!

 

忙しくて帰宅後すぐには落とせない時もあるかと思いますが、時間があるときはできるだけすぐに日焼け止めを落とすように心がけましょう!

 

 

★強くこすって落とすのは厳禁!

 

キレイに落としたいからといって、強く擦ってしまってはいけません。

 

肌に負担がかかり、肌トラブルの原因になります。

 

じっくりやさしく、できるだけ時間をかけて落とすことが重要です!

 

 

★自分に合ったクレンジングを見つけよう!

 

日焼け止めを落とすために、自分にあったクレンジングを見つけることも大切です。

 

ですのでここでは、クレンジングにはどんな種類があり、どんなメリットとデメリットがあるのか紹介します。

 

 

●オイルクレンジング

 

【メリット】
・ポイントメイクも落としやすい
・毛穴もある程度キレイにできる

 

【デメリット】
・必要な皮脂も落としてしまうため
 肌の突っ張りや、肌乾燥がしやすい

 

 

●クレンジングジェル

 

【メリット】
・肌によく馴染む
・弾力がある
・肌への負担が少ない

 

【デメリット】
・ポイントメイクが落ちにくい

 

 

●クレンジングミルク

 

【メリット】
・肌に優しい
・洗い上がりに肌潤いが残る

 

【デメリット】
・汚れを落とす力が弱め

 

 

●クレンジングシート

 

【メリット】
・拭き取るだけで落とすことができる
・手軽に使える

 

【デメリット】
・アルコールが使用されているため
 肌への刺激があり、負担がかかる

 

 

上記がクレンジングの種類とメリット・デメリットですが、自分に合ったクレンジング探しに迷っているという方は、下記をご覧下さい。

 

 

ダブル洗顔不要!

 

肌にやさしいこんにゃくスクラブが
汚れやメイクに吸着!

 

擦ることなく日焼け止め・メイク・角栓までスッキリ落とす!

 

使用後のツッパリもなく肌が潤うモチモチ肌に!
まるで美容液で洗っているような使い心地のよさ!

 

今なら「全額返金保証」付き!

 

↓↓詳細はこちら↓↓